第5回多可町山遊びフォトコンテスト受賞作品発表

第5回多可町山遊びフォトコンテストにたくさんのご応募いただきありがとうございました。審査の結果、受賞作品が決定いたしましたので、発表させていただきます。

グランプリ

 

019sky high

『sky high』

作者より
早朝の多可町の風景。綺麗な光が差し込む神秘的な雰囲気が切り取れました。

審査員コメント
「こんな光景があるのか!」というのが第一印象。
夜が明け、雲海が流れて、朝日が町並みに降りそそぐ。
題名のとおり、空高くから、町が朝を迎えた瞬間をとらえた一枚。
素晴らしい景色に出会えるから山登りは楽しいと改めて感じました。

準グランプリ

002暑い夏も

『暑い夏も』

作者より
みんなで水遊び暑い暑い夏もへっちゃら

審査員コメント
本当に暑かった去年の夏の夕暮れ。
こんな時間まで泥んこで遊べるのは多可町ならでは!
バックの鋸屋根もノスタルジックです。

 

山遊び部門

008余暇村公園

『余暇村公園』

作者より
お気に入りの木の棒を見つけて冒険

審査員コメント
兄弟かな?視線を遠くに向けて歩く二人。
「今日は何をして遊ぼう」「あっちには何があるかな?」
そんな会話が聞こえてきそうな写真。
自然の中にあふれる“ワクワク”を二人で見つけてくださいね。

いきもの部門

003お母さん見て!

『お母さん見て!』

作者より
お母さん見て!と言われてみると仲良くしている虫さんがいました。

審査員コメント
いきもの営みや多様性と多可町の豊かな自然を感じる写真。

ファミリー部門

 

『登頂まであと少し』

作者より
上手に登れるかな?心配性な父ちゃんがそっとお手伝い。

審査員コメント
パパの愛情が感じられる1枚です。
そっと差し出した手が登頂まで見守っていて、とてもほっこりする作品です。
きっと、登頂後は満面の笑みでしょう!!

ランドフィックス賞

005始まりの春

『始まりの春』

作者より
1年.4年.6年それぞれ新学期の始まり! 杉原川沿いの桜と共に撮影しました。

審査員コメント
姉弟なのでしょうか。手を繋いで桜の下を歩いていく。
今から時始まる新学期の緊張と希望が感じられる春の一枚だと思います。
10年後、見返したくなるでしょうね。

チャッタナ賞

011焼けたかなー

『焼けたかなー』

作者より
雪の降る中牧野大池で仲間と焚き火……美味しく焼けますよーにーー

審査員コメント
灰をかぶっても気にしない、だってたき火がたのしいもん!(マシュマロ食べたい)
たくましい子供の様子にお店のコンセプトを重ねて選びました。

入賞

004カマキリ

『カマキリ』

006ファミリー部門

『無題』

017この田は僕が守る

『この田は僕が守る』

 

フォトコンテスト参加者のみなさまへ

このたびは第5回多可町山遊びフォトコンテストにたくさんのご応募をいただきありがとうございました。

今回から新たに加わった『いきもの部門』では花や昆虫をモチーフにした作品をご応募いただき、これまでとはまた違った多可町の魅力にスポットが当たる結果となりました。

そして、審査の結果、フォトコンテストの趣旨にふさわしいと思われる作品を受賞作とさせていただきました。選評につきましては上記のとおりとなります。受賞されたみなさまには、受賞の記念品を贈呈させていただき、記念品の発送をもって表彰にかえさせていただきます。素晴らしい作品をご応募いただき、誠にありがとうございました。

なお、今回ご応募いただいた作品は、多可町のPR等に活用させていただきます。今後とも多可町ならびに多可町山遊びフォトコンテストをよろしくお願いします。

多可町山遊びフォトコンテスト実行委員会

※当初の予定より発表が遅れましたことお詫び申し上げます。
今後とも多可町山遊びフォトコンテストをよろしくお願いいたします。